コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒダベリイソギンチャク ヒダベリイソギンチャク Metridium senile var. fimbriatum

3件 の用語解説(ヒダベリイソギンチャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒダベリイソギンチャク
ヒダベリイソギンチャク
Metridium senile var. fimbriatum

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ヒダベリイソギンチャク科。浅海の個体は高さ約 3cmで褐色であるが,深い場所のものは高さ 30cmにもなり,赤褐色や白色。口盤は広く,縁に5~6本の深いひだがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒダベリイソギンチャク【plumose anemone】

花虫綱ヒダベリイソギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)。口盤がひだ状になっているところからこの名がある。東北地方以北の海域に分布し,干潮線より水深100m内外までの岩礁に付着している。体の高さは2~5cmで形が変化しやすい。浅海のものは低い円錐形で褐色であるが,深いところのものは長く円筒状にのび,触手を大きな花のような形にのばし,白色のものが多い。口盤の縁は5~6本の深いひだ状になっていて,外側に小さい触手が無数にあり,内側の数本は太くて長く,捕食の際に用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒダベリイソギンチャク
ひだべりいそぎんちゃく / 襞縁磯巾着
[学]Metridium senile

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ヒダベリイソギンチャク科に属する海産動物。北極を取り巻く亜寒帯に広く分布する。隔膜下端に槍糸(やりいと)をもつ諸科のなかで、ヒダベリイソギンチャク科は隔膜を大小二組に明らかに分けることができず、よく発達した中膠(ちゅうこう)性の周口筋をもち、槍糸に2種類の刺胞をもち、その一方が刺糸軸部から糸鞭(しべん)部への境がはっきりしない刺胞(短基b型有鞭刺胞とよばれる)であることを特徴とする。この種は触手を広げると高さ4~30センチメートル、幅5~15センチメートルで、口盤の周辺は著しく褶曲(しゅうきょく)し、そこに無数の短い触手をもつ。触手の色は灰褐色、白色、橙(だいだい)色などの変異があり、体壁は滑らかで、色彩は黄土色、白色、橙色などと変異に富む。体壁には多くの槍孔(やりあな)があり、そこから白い槍糸を放出する。大西洋産は原名亜種に属し、日本や北アメリカなど太平洋のものは亜種M. senile fimbriatumとして区別される。日本では東北地方、北海道の岩礁海岸の潮間帯より数十メートルの海底に多産する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒダベリイソギンチャクの関連キーワードコモチイソギンチャクタテジマイソギンチャクハタゴイソギンチャクヒオドシイソギンチャクヨロイイソギンチャク砂巾着花巾着イソギンチャク(磯巾着)モエギイソギンチャク(萌黄磯巾着)ヤドカリイソギンチャク(宿借磯巾着)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒダベリイソギンチャクの関連情報