コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツモンミミズ ヒトツモンミミズPheretima hilgendorfi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトツモンミミズ
Pheretima hilgendorfi

環形動物門貧毛綱後生殖門目フトミミズ科。体長8~20cm,体幅 0.5~0.9cm,体節数 90~120。体の背面は赤褐色,腹面は帯黄灰色。第8体節の腹側に1個の丸い紋形があるところからその名がつけられたが,紋形が2あるいは3個ある個体も少くない。紋形は多数の微細な乳頭から構成されている。成熟すると第 14~16体節が太くなって環帯をつくり,第 14体節の腹面中央に雌性孔が開く。雄性孔は第 18体節の腹面左右の小さい円錐形の隆起上に開く。産卵期は晩秋で,この時期に産み出された卵は卵包内で育ち,翌年の早春に体長 1.5~3.2cmの小さなミミズになって卵包から出てくる。親は産卵するとすべて死ぬので一年生である。再生力が強く,体のまんなかで切られても,前片は後端部を再生してほぼ完全な体をつくる。ただし後片は,前端部がわずかに再生されるが,頭部ができないため死んでしまう。日本各地の畑,草地にすむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツモンミミズ【Pheretima hilgendorfi】

貧毛綱フトミミズ科の環形動物。学名のhilgendorfiはこのミミズを最初に函館で採集したドイツ人の御雇教師F.M.ヒルゲンドルフにちなむ。和名は体前方の腹面に紋形があることによる。日本各地に分布し,畑や草地にすむ。 体長8~20cm,体幅5~9mm,体節数90~120。体の背面は赤褐色で,腹面は黄灰色,第8体節の腹面に名のようにふつう1個の円形の斑紋があるが,なかには2個(第8,9体節)や3個(第8,9,10体節)もっている個体もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツモンミミズ
ひとつもんみみず / 一紋蚯蚓
[学]Amynthas hilgendorfi

環形動物門貧毛綱フトミミズ科Megascolecidaeに属する陸生動物。北海道以南の日本各地と朝鮮半島に分布。ごみの中、落ち葉の下、草地の土中などいろいろな環境をすみかとし、日本のフトミミズのなかでもっとも普通にみられる種類の一つ。体の大きさは変化に富むが100~200ミリ、伸びると250ミリを超える個体もまれではない。一紋の名は第八体節腹面にある円形の紋に由来する。紋は第九節や環帯の後方第18節にみられることもある。似た紋はユノシマミミズにもあり、その紋から精子が発見されている。正常な雄生殖器官の発達が悪いヒトツモンミミズやユノシマミミズでは、このような紋が生殖に関係するとも考えられる。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒトツモンミミズの関連キーワード大野正男

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android