コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツモンミミズ ヒトツモンミミズ Pheretima hilgendorfi

3件 の用語解説(ヒトツモンミミズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトツモンミミズ
ヒトツモンミミズ
Pheretima hilgendorfi

環形動物門貧毛綱後生殖門目フトミミズ科。体長8~20cm,体幅 0.5~0.9cm,体節数 90~120。体の背面は赤褐色,腹面は帯黄灰色。第8体節の腹側に1個の丸い紋形があるところからその名がつけられたが,紋形が2あるいは3個ある個体も少くない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツモンミミズ【Pheretima hilgendorfi】

貧毛綱フトミミズ科の環形動物。学名のhilgendorfiはこのミミズを最初に函館で採集したドイツ人の御雇教師F.M.ヒルゲンドルフにちなむ。和名は体前方の腹面に紋形があることによる。日本各地に分布し,畑や草地にすむ。 体長8~20cm,体幅5~9mm,体節数90~120。体の背面は赤褐色で,腹面は黄灰色,第8体節の腹面に名のようにふつう1個の円形の斑紋があるが,なかには2個(第8,9体節)や3個(第8,9,10体節)もっている個体もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツモンミミズ
ひとつもんみみず / 一紋蚯蚓
[学]Amynthas hilgendorfi

環形動物門貧毛綱フトミミズ科Megascolecidaeに属する陸生動物北海道以南の日本各地と朝鮮半島に分布。ごみの中、落ち葉の下、草地の土中などいろいろな環境をすみかとし、日本のフトミミズのなかでもっとも普通にみられる種類の一つ。体の大きさは変化に富むが100~200ミリ、伸びると250ミリを超える個体もまれではない。一紋の名は第八体節腹面にある円形の紋に由来する。紋は第九節や環帯の後方第18節にみられることもある。似た紋はユノシマミミズにもあり、その紋から精子が発見されている。正常な雄生殖器官の発達が悪いヒトツモンミミズやユノシマミミズでは、このような紋が生殖に関係するとも考えられる。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトツモンミミズの関連キーワードイトミミズエラミミズ貧毛類ユリミミズイソミミズ糸蚯蚓蚯蚓シーボルトミミズナガミミズフトミミズ(太蚯蚓)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone