コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒムヤル王国 ヒムヤルおうこくḤimyar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒムヤル王国
ヒムヤルおうこく
Ḥimyar

南アラビアに前 115年頃から 525年まで存続した王朝。南アラビアには古くから王国が存在し,サバ王国と呼ばれていた。その領域の海岸地帯にヒムヤル族が住み,インドとの海上貿易によってサバ王国の繁栄を支えていたが,前 115年頃からはヒムヤル族は自立し,ザファールを首都とした。3世紀にはサバ王国を併合し,4世紀には首都を内陸部のサナーに移したが,この頃からこの地にユダヤ教とキリスト教が浸透してきた。最後の王ズー・ヌワースはキリスト教徒を迫害したので,ビザンチン皇帝ユスチヌスに助けられたアビシニアによって 525年に滅ぼされた。その後も7世紀のイスラムの勃興まで,ヒムヤルの貴族はある程度の影響力を保持していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒムヤル王国
ひむやるおうこく
imyar

古代アラビアのヒムヤル人がイスラム勃興(ぼっこう)前、現在のイエメンのあたりに建てた王国。ヒムヤル人は最初サバ王国に包含されていたが、紀元前115年ころ支配権を握り、王都をザファールに移した。国号は元どおりサバ王国であったが、このときがヒムヤル王国の始まりとされる。やがて南西アラビアの一帯を統一する一方、インド洋と紅海の海上貿易を独占して、当時珍重された没薬(もつやく)、乳香(にゅうこう)、丁子(ちょうじ)、胡椒(こしょう)などの交易で繁栄し、紀元後3世紀ころ全盛を迎えた。4世紀の一時期アビシニアの最初の侵略を被ったが、まもなく主権を回復したので、その後を第二ヒムヤル王国ともいう。旧来の宗教は月の神を諸神の頂点とする天体崇拝の多神教であったが、キリスト教、ユダヤ教が広まって、宗教紛争が起こり、アビシニアの干渉を受けるようになった。
 最後の王ズー・ヌワースはユダヤ教に改宗して、キリスト教徒を迫害したので、ふたたびアビシニア王の攻略を受けて敗北し、525年ころ王統が絶えた。[福原信義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヒムヤル王国の言及

【アラビア半島】より

…アラビア半島そのものについては,前2世紀ごろヒジャーズ北部にデダン(現在のウラー)の王国が続き,紀元前後の1,2世紀に,同じ地域にリフヤーン王国が栄えた。 古代南アラビア王国の最後のヒムヤル王国は前2世紀の末ごろに興り,後3世紀にサバ,4世紀にハドラマウト王国を併せて南アラビアを統一した。しかしこのころから南アラビアの社会と経済に重大な変化が生じ始めた。…

【イエメン】より

…宗教は天体崇拝を主とした多神教で,神殿は広大な神殿領と多数の神殿奴隷を持っていた。ヒムヤル王国は前2世紀末に興り,後4世紀にイエメン・ハドラマウトを統一した。ユダヤ教徒のイエメン定住はおそらく1世紀末ごろであろうが,4世紀にはキリスト教も伝えられ,多神教社会に亀裂が走った。…

【サヌア】より

…紅海に面する貿易港ホデイダとは高速自動車道で結ばれる。ヤークートの地理書によればサヌアには1世紀ころヒムヤル王国Ḥimyarの巨大なグムダーン城が建てられていたと記される。525年アビシニア(エチオピア)軍総督アブラハがヒムヤル王国を滅ぼし,この地を首都とし壮大な教会を建てた。…

【モカ】より

…人口2万2000(1975)。バーブ・アルマンデブ海峡の北方約80kmにあり,古くは1世紀ころヒムヤル王国の交易港となり,中世から19世紀半ばまでモカ・コーヒーの愛称で親しまれてきたイエメン特産のコーヒー積出港であった。イギリスの東インド会社の駐留地として栄えたが,アデンやホデイダの発展とともにモカは重要性を失い,イエメンのコーヒーの生産量も減少した。…

※「ヒムヤル王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒムヤル王国の関連キーワード中東史(年表)アラビア半島イスラム教アラビア史マーリブイエメンサヌアモカ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android