コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメアカタテハ

3件 の用語解説(ヒメアカタテハの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒメアカタテハ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。日本全土のほかほとんど全世界の暖地に分布。開張55mm内外,黒褐色地に赤や赤だいだい色の斑紋がある。幼虫はハハコグサゴボウアザミなどのキク科植物を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ

アカタテハ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメアカタテハ
ひめあかたては
painted lady
[学]Cynthia cardui

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。琉球(りゅうきゅう)諸島を含む日本全土に広く分布し、各地にみられる普通種であるが、一般に個体数は多くない。国外における分布はほぼ全世界にわたり汎(はん)世界種として知られる。本種の越冬可能地域は関東地方以南の暖地で、より北方地域で発見されるものはほかの地域からの飛来個体である。はねの開張は55ミリメートル内外。一見アカタテハに似ているが、やや小形で、後翅表面の橙(だいだい)色の斑紋(はんもん)は中央にまで広がっている。年数回の発生、越冬幼虫より生ずる第1化は4、5月より出現する。幼虫の食草はゴボウ、ヨモギ、ハハコグサなどのキク科植物およびカラムシ、エゾイラクサなどのイラクサ科。ゼニアオイ(アオイ科)、ダイズ(マメ科)に幼虫が発生した記録もあり、チョウのなかでは珍しく雑食性の傾向(学問的には寡食性という)を示すものである。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒメアカタテハの言及

【アカタテハ】より

…ヨーロッパに分布するV.atlantaはそのきびきびした動作からred admiralの名で親しまれている。やや小型の近縁種にヒメアカタテハCynthia carduiがある。これは南アメリカを除く世界中に分布する。…

※「ヒメアカタテハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメアカタテハの関連キーワードダイセツタカネヒカゲアサヒヒョウモン孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶豹紋蝶小紫蝶蛺蝶ウラギンヒョウモンオオウラギンヒョウモン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメアカタテハの関連情報