コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャジン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメシャジン
ひめしゃじん / 姫沙参
[学]Adenophora nikoensis Fr. et Sav.

キキョウ科の多年草。高さ20~40センチメートル。葉は互生し、長さ3~10センチメートル、線状披針(ひしん)形で先は鋭くとがる。夏から秋、茎頂に総状花序をつくり、鐘形の紫色花をまばらに下向きに開く。萼(がく)裂片は線形で、まばらに鋸歯(きょし)がある。名は、花冠がシャジン(ツリガネニンジン)に似ているが、全体が小形であることによる。亜高山から高山の岩場に生え、中部地方以北の本州に分布する。変種ミヤマシャジンは萼裂片が全縁である。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android