コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメ・ヒコ制 ひめひこせい

1件 の用語解説(ヒメ・ヒコ制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひめひこせい【ヒメ・ヒコ制】

古代国家成立以前の兄弟姉妹(姫と彦)による二重支配体制をいう。血縁紐帯を基軸とした氏族社会で,同母の兄弟と姉妹は特に深く結ばれていた。姉妹は兄弟を守護する霊力をもつと信じられたからである。この関係は現代なお残っている沖縄のオナリ神信仰をみるとよくわかる。この関係にもとづいて,兄弟姉妹が政治的・宗教的支配権を分掌する支配体制ができ上がった。その典型例は,邪馬台(やまたい)国の卑弥呼(ひみこ)と男弟による共治体制,賀茂神社の斎祝子(いつきのはふりこ)とその兄弟の神官による祭祀体制などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒメ・ヒコ制の言及

【狭穂彦・狭穂姫】より

…この紐帯を軸に,兄弟姉妹が政治権と宗教権を分掌し一族を支配する二重支配体制ができあがった。これをヒメ・ヒコ制とよぶ。しかしこれは血縁紐帯を基軸とする氏族制社会のものであり,律令国家形成の過程で終息させられねばならなかった。…

※「ヒメ・ヒコ制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone