コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おなり神 おなりがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おなり神
おなりがみ

姉妹の霊が兄弟を守護するという沖縄における信仰。オナリ姉妹の意である。沖縄全島にみられたが宮古島ではきわめて希薄であった。男が旅に出たり船出したりするとき,姉妹から手拭や毛髪をもらい受けて出かけると,それが旅の安全を守護してくれると信じられていた。沖縄の古謡オモロのなかには,おなり神をうたったものがある。日本本土には田植えの際,昼食を運ぶ女性をオナリといい,田唄にもうたわれているが,本土のオナリには姉妹という意はなく,相互の関係については明らかでない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おなり‐がみ【おなり神】

《「おなり」は姉妹の意》沖縄・奄美(あまみ)群島で、兄弟を守護するために、その姉妹が持っている霊力古代、沖縄では女性は巫女(みこ)の役割を持ち、その兄弟を守護するのが任務とされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

おなり神【おなりがみ】

琉球諸島で信じられた女性の霊力。おなり(姉妹の意)はその兄弟(えけり)を守る力をもつとされ,女性はすべて兄弟から〈おなり〉としてあがめられた。旅に出る男は姉妹の贈る手ぬぐいや毛髪をお守りとして身につけた。
→関連項目琉球琉球文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おなりがみ【おなり神】

沖縄などの南西諸島で、姉妹に兄弟を守護する霊力があるとする信仰。また、その姉妹の霊。男子が航海などに出る場合、その姉妹の手織りの手拭いや毛髪などを護符として身につけていく風習がある。 〔オナリは姉妹の意で、エケリ(兄弟)に対する語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おなり神
おなりがみ

鹿児島県奄美(あまみ)諸島と沖縄県にみられる習俗。オナリとは、琉球(りゅうきゅう)方言で、エケリ(兄弟)に対して姉妹をさす語で、一般に、姉妹には兄弟を霊的に守護する力があると伝え、その霊性を表して、おなり神とよぶ。古くから、兄弟が船旅に出るときに、御守りに姉妹の手ぬぐいや髪の毛を持たせる習慣があり、兄弟に関する姉妹の発言が尊重される気風もあった。稲の播種(はしゅ)儀礼や収穫儀礼、法事などの家の行事に、その家で生まれた娘が、他家へ嫁したのちまで、司祭者的役割を演じていた地方もあり、供物に関与することも多い。
 おなり神は、沖縄にあっては、国王と並ぶ沖縄最高の神女たる聞得大君(きこえのおおぎみ)に王女が就任し、また村では、旧家の根屋(ねや)(ニーヤ)の男子が根人(ねひと)(ニーンチュ。村の長の役)になり、女子が根神(ねがみ)(ニーガン。村の神女の長)になるという、国や村の習慣の家的表現である。なお、近畿から九州にかけて、祭りの供物を用意する女をオナリ、ウナリというのと関係があるかもしれない。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

おなり神の関連キーワード聞得大君エケリ小島船霊根神

おなり神の関連情報