コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒューズ ひゅーずTed Hughes (Edward James Hughes)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒューズ(Ted Hughes (Edward James Hughes))
ひゅーず
Ted Hughes (Edward James Hughes)
(1930―1998)

イギリスの詩人。ヨークシャー西部の山の町マイズアムロイドに生まれる。父は大工。ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジの英文学公開奨学金を獲得するが、専攻を数学と考古学に切り替える。1954年卒業後、バラ園の園丁や夜警をして暮らす。56年アメリカ、ボストン生まれの女性詩人シルビアプラスと結婚し、一男一女をもうけるが、シルビアは63年に自殺。シルビアとは生活面で苦労をともにし、作風面でも互いに影響しあった。70年キャロル・オーチャードと再婚。84年桂冠(けいかん)詩人となる。彼の詩は自然をつき動かす力をとらえ、現代民主主義社会の状況のなかで、文明生活の矮小(わいしょう)さを鋭くつく。詩集に『雨の中の鷹(たか)』(1957)、『ルペルカリア祭』(1960)、『ウードゥ(森の人)』(1967)、『烏(からす)』(1970)、『ガウデテー(汝(なんじ)ら喜べ)』(1977)、『エルメットの遺跡』(1979)、『ムアタウン』(1979)、『ムアタウン日誌』(1989)、『狼(おおかみ)の観察』(1989)、『王族公領からの雨よけのお守りと桂冠詩人の詩篇(しへん)』(1992)がある。またシルビアの死後35年目(1998)に、自身と彼女との情念の絡み合いを綴(つづ)った詩集『誕生日の手紙』が出された。詩集のほかに、散文の大著『シェイクスピアと完璧(かんぺき)な存在の女神』(1992)がある。[羽矢謙一]
『皆見昭訳『クロウ――烏の生活と歌から』(1978・英潮社事業出版) ▽丸谷才一訳『ネス湖のネッシー大あばれ』(1980・小学館) ▽片瀬博子訳『テド・ヒューズ詩集』(1982・土曜美術社) ▽澤崎順之助訳『詩の生まれるとき』(1983・南雲堂) ▽羽矢謙一訳『パイク』(D・パウナル他編『雨の日の釣師のために(新装版)』所収・1991・TBSブリタニカ) ▽神宮輝夫訳『アイアン・マン――鉄の巨人』(1996・講談社) ▽長田弘訳『そらとぶいぬ』(1999・メディアファクトリー) ▽河野一郎訳『クジラがクジラになった日』(2001・岩波書店) ▽『世界文学全集35 現代詩集』(1968・集英社) ▽皆見昭著『詩人の素顔』(1987・研究社出版) ▽加島祥造訳『倒影集――イギリス現代詩抄』(1993・書肆山田) ▽熊谷ユリヤ「心理ドラマ』劇場の二重構造 : Ted Hughes Birthday Letters」(『JAPAN POETRY REVIEW』8号所収・2002・日本現代英米詩学会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒューズの関連キーワード桂冠詩人

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒューズの関連情報