ネス湖(読み)ネスこ(英語表記)Loch Ness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネス湖
ネスこ
Loch Ness

イギリススコットランド北部,ハイランド中部東寄りにある湖。グレンモアと呼ばれる断層谷の北部を占める氷食湖で,行政府所在地インバーネス南西に北東-南西方向に細長く延びる。長さ約 36km,最大水深 240mの淡水湖で,貯水量ではイギリス最大。国内で最も美しい湖として,また湖底怪物が生息するという風説で有名。その怪物はスナップ写真,映画などで記録が数多く残されているが,いずれも存在を確認するには十分でない。恐竜類のうちの魚竜に近いものではないかとの説もあり,ネッシーという愛称も与えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ネスこ【ネス湖】

〔Loch Ness〕 イギリスのスコットランドにある細長い湖。カレドニア運河の一部をなし、大西洋や北海に通じる。 → ネッシー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネスこ【ネス湖】

イギリスのスコットランド北部のハイランド地方、インバネス(Inverness)の南西約10kmにある、同国最大級の淡水湖。◇「ロッホネス」(Loch Ness)とも呼ばれる。長さ40km、幅2kmの細長い湖で、最大深度は235m。UMA(未確認動物)のネッシーの目撃場所として有名な湖で、同湖畔のネス湖最大の観光拠点ドラムナドロヒト(Drumnadrochit)にあるネス湖エキシビジョンセンター(ロッホネスエキシビジョンセンター)では、ネス湖とネッシーに関する解説や映像資料などを見ることができる。ドラムナドロヒトはネス湖クルーズの出発点となっている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネス湖
ねすこ
Loch Ness

イギリス、スコットランド北部の湖。スコットランドの大断層線谷であるカレドニア地峡北東部に沿って、インバネス南西のロックエンドからフォート・オーガスタスに至る細長い湖で、北東―南西方向に約40キロメートルの長さを有する。断層線に沿って氷食が働いて形成されたもので、湖面高度16メートル、深さは最深部で235メートルにも達する。湖水はネス川によりインバネスの市街を通ってマリー湾へ排水される。カレドニア運河が、マリー湾―ネス湖―ロッヒー湖―リンネ峡湾を結び、北海と大西洋をつなぐ航路となっている。
 首の長い怪獣ネッシーが住むというが、氷河時代に完全に氷床の下になり激しい氷食を受けた湖底に、古い時代の残存動物がいるとは信じがたい。怪獣論議に加え、山あいに静かに横たわる湖は、スコットランド観光の一中心地となっている。[小池一之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ネス‐こ【ネス湖】

(ネスはNess) 英国、スコットランド北部の細長い湖。長さ約四〇キロメートル。最深部二三五メートル。北海と大西洋を結ぶカレドニア運河の一部となっている。怪獣ネッシーが住むといわれ、観光客が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネス湖の関連情報