コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネス湖 ネスこ Loch Ness

5件 の用語解説(ネス湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネス湖
ネスこ
Loch Ness

イギリススコットランド北部,ハイランド中部東寄りにある湖。グレンモアと呼ばれる断層谷の北部を占める氷食湖で,行政府所在地インバーネスの南西に北東-南西方向に細長く延びる。長さ約 36km,最大水深 240mの淡水湖で,貯水量ではイギリス最大。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネス‐こ【ネス湖】

Ness》英国スコットランド北西部にある細長い湖。全長38.5キロ、最大水深230メートル。カレドニア運河結ばれる航路。怪獣ネッシーがすむという言い伝えがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ネスこ【ネス湖】

〔Loch Ness〕 イギリスのスコットランドにある細長い湖。カレドニア運河の一部をなし、大西洋や北海に通じる。 → ネッシー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ネスこ【ネス湖】

イギリスのスコットランド北部のハイランド地方、インバネスInverness)の南西約10kmにある、同国最大級の淡水湖。◇「ロッホネス」(Loch Ness)とも呼ばれる。長さ40km、幅2kmの細長い湖で、最大深度は235m。UMA(未確認動物)のネッシーの目撃場所として有名な湖で、同湖畔のネス湖最大の観光拠点ドラムナドロヒト(Drumnadrochit)にあるネス湖エキシビジョンセンター(ロッホネスエキシビジョンセンター)では、ネス湖とネッシーに関する解説や映像資料などを見ることができる。ドラムナドロヒトはネス湖クルーズの出発点となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネス湖
ねすこ
Loch Ness

イギリス、スコットランド北部の湖。スコットランドの大断層線谷であるカレドニア地峡北東部に沿って、インバネス南西のロックエンドからフォート・オーガスタスに至る細長い湖で、北東―南西方向に約40キロメートルの長さを有する。断層線に沿って氷食が働いて形成されたもので、湖面高度16メートル、深さは最深部で235メートルにも達する。湖水はネス川によりインバネスの市街を通ってマリー湾へ排水される。カレドニア運河が、マリー湾―ネス湖―ロッヒー湖―リンネ峡湾を結び、北海と大西洋をつなぐ航路となっている。
 首の長い怪獣ネッシーが住むというが、氷河時代に完全に氷床の下になり激しい氷食を受けた湖底に、古い時代の残存動物がいるとは信じがたい。怪獣論議に加え、山あいに静かに横たわる湖は、スコットランド観光の一中心地となっている。[小池一之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネス湖の関連キーワードスコッチスコットランドヤードハイランドハイランドゲームズローランドゼットランド諸島Highlandsスコットランド室内管弦楽団ドランブイスコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネス湖の関連情報