コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタヤスデ

2件 の用語解説(ヒラタヤスデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラタヤスデ

倍脚綱(ヤスデ綱)ヒラタヤスデ目ヒラタヤスデ科Platydesmidaeに属する節足動物の総称。体長5~30mm。頭は小さく,円錐状で触角は短い。胴節は成体では約40個以上あり,その背板は扁平で微小な瘤起(りゆうき)が2~3列ある。春に産卵し,数十個の卵をまとめて雄が抱卵する。孵化(ふか)したばかりの1齢幼虫は4対の歩肢をもつ点で,他のすべてのヤスデ(3対)と異なる。脱皮ごとに胴節,歩肢の数が増え(増節変態),約5,6回の脱皮のあと成熟する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラタヤスデ
ひらたやすで / 扁馬陸

節足動物門倍脚(ばいきゃく)綱ヒラタヤスデ科Platydesmidaeの陸生動物の総称。扁平(へんぺい)な紐(ひも)状のヤスデで、体長10~30ミリ。頭は円錐(えんすい)形で小さく、胴は多数の胴節からなり、背板には多数の微細な顆粒(かりゅう)状突起がある。色は白色、淡紅色または朱色で美しい。森林の落ち葉や蘚苔(せんたい)類の中、樹皮下などにすみ、腐植や菌類を食べ、群生することが多い。行動は鈍い。日本産は約10種類が知られている。この仲間は一般に雌が抱卵する習性をもっているが、そのなかでヒラタヤスデは雄が抱卵するという珍奇な習性をもつ。[篠原圭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラタヤスデの関連キーワード倍脚類絶やす容易い平たい扁木喰虫馬陸ひらたスギヒラタケ平田安房平田氏安

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone