コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビエルコポルスカ Wielkopolska

世界大百科事典 第2版の解説

ビエルコポルスカ【Wielkopolska】

ポーランド中西部に広がる歴史的地方名。〈大ポーランド〉の意。シロンスクポモジェマゾフシェマウォポルスカの各地方に囲まれる広大な平野の地方である。オーデル(オドラ)川水系のバルタ川ノテチ川,バリチ川などが形成するビエルコポルスカ・クヤビ低地にあたり,19世紀にはポズナン大公国と同義であった。地形的には,氷河期に形成された幅広い氷食谷と氷河堆積物からなるモレーン丘が東西方向に並列するが,地表はおおむね低平な平野である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビエルコポルスカの関連キーワードピョートルクフ・トリブナルスキゴジュフ・ビエルコポルスキブウォツワベクビドゴシュチバルタ[川]グニェズノプウォツクポーランドカリシュポズナニ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android