コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャープル Bijāpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジャープル
Bijāpur

インド南西部,カルナータカ州北部の古都。ビジャープル県の行政庁所在地。ベルゴーム北東約 160kmの丘陵地に位置。 13世紀末までヤーダバ朝の首都で,その後もバフマニー朝のもとで発展。 1489年アーディル・シャーヒ朝が成立して最盛期を迎え,デカン地方の中心都市,インド洋貿易の一拠点となった。宮殿やモスクはデカンにおけるイスラム建築の傑作を含み,特に第6代の王ムハンマドの廟ゴール・グンバズは最高水準を示す。王の保護のもとにイスラムの学問,芸術も興隆し,インド洋貿易に広く用いられた貨幣の鋳造が行われた。 1686年ムガル帝国に併合されてからは,ハイデラバード王国マラータ王国と支配者が代って,急速に衰退。イギリス統治時代からボンベイ州に属したが,1956年の州再編成で,カンナダ語使用地域としてマイソール (現カルナータカ) 州に帰属した。綿花,タバコ,搾油用種子,コムギ,雑穀などを集散,加工する。人口 18万 6846 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビジャープル【Bijāpur】

インド南部,カルナータカ州北部の都市。人口18万7000(1991)。地名は旧名ビジャヤプルVijayapur(〈勝利の町〉の意)に由来する。標高約600mのデカン高原上の黒色綿花土地帯にあり,綿花,モロコシの集散のほか,紡績,染料,セッケンなどの軽工業が立地する。1489年にユースフ・アーディル・ハーンにより樹立され,ムスリム五王国の一つとして栄えたビジャープル王国(アーディル・シャーヒー朝)の首都として栄えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビジャープルの関連キーワードアフマドナガル王国バースカラ[2世]ビジャヤナガル王国アウラングゼーブゴル・グンバズラトナーギリフィリシュタビーダル王国シバージーカリヤーンヤーダバゴア州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android