コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタウタス Vytautas; Witold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタウタス
Vytautas; Witold

[生]1350/1352
[没]1430.10.27. トラカイ
リトアニア大公 (在位 1401~30) 。ポーランド名ウィトルト。ポーランド,ドイツ騎士団,キプチャク・ハン国と戦い,バルト海から黒海にいたる大国家を建設した。いとこのヨガイラ (のちのウワディスワフ2世ヤギェウォ ) と大公位を争って父とともに捕えられたが,父の処刑後,逃走に成功 (1382) 。ドイツ騎士団領に身を寄せ,キリスト教に改宗した。のちヨガイラと和睦し,所領を回復 (84) 。さらにヤドウィガとの結婚によりポーランド王を兼ねることになったヨガイラと協定を結び,リトアニアの事実上の支配者となった (92) 。国内の反抗的貴族を押え,強力な中央集権国家を創出。東隣のロシア諸公国に勢力を扶植し,ドイツ騎士団と結んでモンゴル人を討とうとしたが,ボルクラ河畔の戦いで敗北 (99) 。こののち目を西に転じ,ポーランドと結んでドイツ騎士団と戦い,グルンワルト (タンネンベルク) の戦い (1410) でこれを破った。 1401年ヨガイラから正式にリトアニア大公位を譲り受けたが,ポーランド王と対等の資格を欲し,王位を目指した。しかし,果せず病没。その死後大公国は外国の干渉と内紛で急速に衰えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビタウタスの関連キーワードビタウタス大公教会ビエニーベス広場カストゥティスリトアニア史トラカイ城カウナス城祖国同盟カウナス

ビタウタスの関連情報