コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミン様物質 ビタミンヨウブッシツ

デジタル大辞泉の解説

ビタミンよう‐ぶっしつ〔‐ヤウ‐〕【ビタミン様物質】

ビタミンに似た生理作用をもつ有機化合物。微量で体内の代謝に重要な役割を担うが、ビタミンとは違って体内で生合成できるため、栄養素として必ずしも摂取する必要がないもの。リポ酸カルニチンユビキノン(ビタミンQ)・必須脂肪酸(ビタミンF)など。ビタミン様作用物質

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンようぶっしつ【ビタミン様物質】

ビタミンに類似した作用を持ち、ビタミンの働きを助けて体内で合成ができるため、特に摂取の必要が認められないなどの理由から、「ビタミンの定義」より外れてしまうビタミン。ビタミンやミネラルと比べて研究途上なため、解明が進むにつれ種類も増えると期待が寄せられている。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

ビタミン様物質の関連キーワードコエンザイムQ10ビタミンB15ビタミンB13ビタミンB17イノシトールケルセチンビタミン剤ビタミンUビタミンPルチンコリンビワ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビタミン様物質の関連情報