コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミン様物質 ビタミンヨウブッシツ

2件 の用語解説(ビタミン様物質の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビタミンよう‐ぶっしつ〔‐ヤウ‐〕【ビタミン様物質】

ビタミンに似た生理作用をもつ有機化合物。微量で体内の代謝に重要な役割を担うが、ビタミンとは違って体内で生合成できるため、栄養素として必ずしも摂取する必要がないもの。リポ酸・カルニチン・ユビキノンビタミンQ)・必須脂肪酸ビタミンF)など。ビタミン様作用物質

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンようぶっしつ【ビタミン様物質】

ビタミンに類似した作用を持ち、ビタミンの働きを助けて体内で合成ができるため、特に摂取の必要が認められないなどの理由から、「ビタミンの定義」より外れてしまうビタミン。ビタミンやミネラルと比べて研究途上なため、解明が進むにつれ種類も増えると期待が寄せられている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビタミン様物質の関連キーワードシアノコバラミン有機ビタマービタミンB群ビタミン様作用物質環状化合物ビタミン前駆体プロビタミンAメチルコバラミンビタミンB15

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビタミン様物質の関連情報