コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB13 ビタミンビーじゅうさんvitamin B13

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB13
ビタミンビーじゅうさん
vitamin B13

ネズミの成長因子オロチン酸オロット酸)がこの作用をもつ。牛乳,酵母に多く含まれる。天然の食物を摂取する動物が欠乏症状に陥ることはほとんどなく,人体内でも合成されるので真のビタミンとはいえず,B13という呼称は習慣的なものにすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーじゅうさん【ビタミンB13

水溶性のビタミン様物質のひとつ。葉酸ビタミンB12の代謝を助ける働きをもつビタミン様物質。根菜、小麦胚芽、ビール酵母などに多く含まれる。体内で合成ができ、乳酸菌の発育因子として効果を発揮するほか、細胞の再生を支えて肝臓障害の予防、抗酸化作用、老化の予防、乳汁分泌の促進などの作用をもつと推察される。◇「オロト酸」または「オロット酸」ともいう。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

ビタミンB13の関連キーワードビタミンB12ビタミン剤乳汁分泌ネズミ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android