コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビタミンB13 ビタミンビーじゅうさん vitamin B13

2件 の用語解説(ビタミンB13の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビタミンB13
ビタミンビーじゅうさん
vitamin B13

ネズミの成長因子オロチン酸オロット酸)がこの作用をもつ。牛乳,酵母に多く含まれる。天然の食物を摂取する動物が欠乏症状に陥ることはほとんどなく,人体内でも合成されるので真のビタミンとはいえず,B13という呼称は習慣的なものにすぎない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ビタミンビーじゅうさん【ビタミンB13

水溶性のビタミン様物質のひとつ。葉酸ビタミンB12の代謝を助ける働きをもつビタミン様物質。根菜、小麦胚芽、ビール酵母などに多く含まれる。体内で合成ができ、乳酸菌の発育因子として効果を発揮するほか、細胞の再生を支えて肝臓障害の予防、抗酸化作用、老化の予防、乳汁分泌の促進などの作用をもつと推察される。◇「オロト酸」または「オロット酸」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビタミンB13の関連キーワードビタミンPビタミンUルチン脂溶性ビタミン水溶性ビタミンビタミンBビタミン様物質ビタミンB15ビタミンB17水溶性ビタミン (water soluble vitamins)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone