コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビダール反応 ビダールハンノウ

百科事典マイペディアの解説

ビダール反応【ビダールはんのう】

腸チフスパラチフスの診断に用いる血清反応。凝集反応を応用。フランスの細菌学者,内科学者ビダールFernand Widal〔1862-1929〕が創始。通常は,腸チフス菌とA型およびB型パラチフス菌の生菌または死菌を凝集原とし,疑いのある患者の血清を25倍,50倍,100倍などのように倍数希釈してそれぞれに凝集原を滴下した後,凝集の有無を調べ,200倍以上が陽性の場合にチフスの疑いがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ビダールはんのう【ビダール反応】

腸チフス・パラチフスの血清診断法。フランスの医師ビダール(F. Widal1862~1929)が考案。ウィダール反応。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android