コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビダール反応 ビダールハンノウ

百科事典マイペディアの解説

ビダール反応【ビダールはんのう】

腸チフスパラチフスの診断に用いる血清反応。凝集反応を応用。フランスの細菌学者,内科学者ビダールFernand Widal〔1862-1929〕が創始。通常は,腸チフス菌とA型およびB型パラチフス菌の生菌または死菌を凝集原とし,疑いのある患者の血清を25倍,50倍,100倍などのように倍数希釈してそれぞれに凝集原を滴下した後,凝集の有無を調べ,200倍以上が陽性の場合にチフスの疑いがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ビダールはんのう【ビダール反応】

腸チフス・パラチフスの血清診断法。フランスの医師ビダール(F. Widal1862~1929)が考案。ウィダール反応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android