ビダール反応(読み)ビダールはんのう

  • ビダールはんのう ‥ハンオウ
  • ビダールはんのう〔ハンオウ〕

百科事典マイペディアの解説

腸チフスパラチフスの診断に用いる血清反応凝集反応応用フランスの細菌学者,内科学者ビダールFernand Widal〔1862-1929〕が創始。通常は,腸チフス菌とA型およびB型パラチフス菌の生菌または死菌を凝集原とし,疑いのある患者の血清を25倍,50倍,100倍などのように倍数希釈してそれぞれに凝集原を滴下した後,凝集の有無を調べ,200倍以上が陽性の場合にチフスの疑いがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

腸チフス・パラチフスの血清診断法。フランスの医師ビダール(F. Widal1862~1929)が考案。ウィダール反応。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ビダールは Widal 発見者のG=F=ビダールの名に由来) 免疫凝集反応の一つ。伝染病患者の血清中の、病菌に対する凝集素の有無を証明する反応。主に、チフス、パラチフスの診断に応用。グルーベル‐ビダール反応とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android