ビダール反応(読み)ビダールはんのう

百科事典マイペディア「ビダール反応」の解説

ビダール反応【ビダールはんのう】

腸チフスパラチフスの診断に用いる血清反応凝集反応応用。フランスの細菌学者,内科学者ビダールFernand Widal〔1862-1929〕が創始。通常は,腸チフス菌とA型およびB型パラチフス菌の生菌または死菌を凝集原とし,疑いのある患者の血清を25倍,50倍,100倍などのように倍数希釈してそれぞれに凝集原を滴下した後,凝集の有無を調べ,200倍以上が陽性の場合にチフスの疑いがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ビダール反応」の解説

ビダール‐はんのう ‥ハンオウ【ビダール反応】

〘名〙 (ビダールは Widal 発見者のG=F=ビダールの名に由来) 免疫凝集反応の一つ。伝染病患者の血清中の、病菌に対する凝集素の有無を証明する反応。主に、チフス、パラチフスの診断に応用。グルーベル‐ビダール反応とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android