コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビチクチ bichikchi

世界大百科事典 第2版の解説

ビチクチ【bichikchi】

中国,元代および清代の官名。元代ではモンゴル君主の親衛隊たるケシクに属し,文書業務を担当した。なかにはバトゥに仕えたコルグズのように,行政全般に絶大な力をふるうものも現れた。モンゴル語で文字,文書,書物をビチクbichikといい,それに人を表す‐chiがついた形。イル・ハーン国,キプチャク・ハーン国などの各モンゴル政権に広く存在した。清代のビトヘシbithesi筆帖式はこの訛音である。【杉山 正明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ビチクチの関連キーワードエセンブハ(也先不花)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android