コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビテプスク

3件 の用語解説(ビテプスクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビテプスク

ベラルーシ北部,西ドビナ川港湾都市機械工業が行われ,靴下,じゅうたんなども生産する。1021年の年代記に名のみえる古都。1772年からロシア領。36万3061人(2014)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビテプスク【Vitebsk】

ベラルーシ共和国北東部,同名州の中心都市で,人口36万1500(1991)。ビチバVit’ba川が西ドビナ川に合流するところに開けた歴史の古い都市。市名はこのビチバ川に由来する。発祥の正確な年代は不明であるが,11世紀のキエフ公国ポロツク公国の戦争に関連して年代記にその名が記載されている。古くからスカンジナビア人とギリシア人の交易の中継基地として栄えていたと考えられる。リトアニアポーランドの支配を経たのち,1772年からロシア領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビテプスク
びてぷすく
Витебск Vitebsk

ベラルーシ(白ロシア)共和国ビテプスク州の州都。ミンスクの北東約220キロメートルにあり、西ドビナ川の両岸に発達する。大きな河港をもち、リガとモスクワを結ぶ鉄道上の重要な工業都市。人口35万8400(1998)。1021年に記録に現れ、11世紀にポーロツク公国の一部となり、1101年から200年間、独立小国ビテプスク公国の首都となった。バルト海と黒海とを結ぶいわゆる「バリャーグ(ノルマン人の意)からギリシアへの道」に位置し、通商路として発展した。1320年リトアニア領、1569年ポーランド領、のち最終的には1772年の第一次ポーランド分割後ロシア領となった。繊維、衣服、製靴、食品、機械工業(測定機械、ラジオ)がある。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビテプスクの関連キーワードグアナフアトサラトフチェリャビンスクツールーズミンスクリエージュイングーシ共和国会寧ヨハネスバーグベラルーシ・ウクライナ福島調査団

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビテプスクの関連情報