コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクダン科(読み)ビャクダンか(英語表記)Santalaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャクダン科
ビャクダンか
Santalaceae

双子葉植物ビャクダン目の1科。熱帯,亜熱帯に約 30属 400種があり,高木,低木,草本などがあるが,いずれも半寄生植物で,多くの点でヤドリギ科と類縁が認められる。日本に自生するものはツクバネカナビキソウムニンビャクダン (小笠原諸島) などわずかである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビャクダン科
びゃくだんか
[学]Santalaceae

双子葉植物、離弁花類。高木、低木、または草本。多くは葉緑のある半寄生植物である。葉は互生または対生し、托葉(たくよう)はない。花は緑色で小さく、両性または単性。花被(かひ)片は3~6枚。雄しべは花被片と同数で対生し、葯(やく)は二室で縦裂する。子房は下位または半下位で一室。胚珠(はいしゅ)は2、3個で中軸胎座。果実は堅果または核果。種子は肉質。熱帯、温帯に30属約400種分布し、ビャクダンがよく知られる。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例