コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリングチオ Vannoccio Biringuccio

デジタル大辞泉の解説

ビリングチオ(Vannoccio Biringuccio)

[1480~1539]イタリアの冶金学者。錬金術を排し、実際的な採鉱・冶金の知識と技術をまとめ、1540年に「火工術」10巻を著した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビリングチオ
びりんぐちお
Vannoccio Biringuccio
(1480―1538/1539)

イタリアの冶金(やきん)学者。シエナに生まれる。同地を実質的に支配していたペトルッチ家の援助を受けてドイツに派遣され、広く技術を学んだ。ときどき市の内紛の巻き添えとなって追放の身となったりしたが、鋳砲や築城の学識と経験とを買われ、1529年以降、パルマ公、フェッラーラ公、ベネチア共和国に仕え、最後にローマ法皇の造兵廠(しょう)長官となった。
 彼の死後、1540年にベネチアで彼の唯一の著書『火工術』Pirotechnia(全10巻)がイタリア語で刊行された。本書はアグリコラの『デ・レ・メタリカ』(1556)とともに当時の冶金術の体系的著作であり、1942年および1959年に全文が英語訳されて有名になった。『火工術』はとくに青銅砲の鋳造について詳しく述べており、命中率の高い大砲の製造が可能になって、中世の騎馬戦を中心とする形態とはまったく異なる戦争形態を生んだ。活字鋳造に関する最初の記述もある。[山崎俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビリングチオの関連キーワードビリングッチォ山崎俊雄実験

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android