コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリングチオ ビリングチオ Vannoccio Biringuccio

2件 の用語解説(ビリングチオの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビリングチオ(Vannoccio Biringuccio)

[1480~1539]イタリアの冶金学者。錬金術を排し、実際的な採鉱・冶金の知識と技術をまとめ、1540年に「火工術」10巻を著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビリングチオ
びりんぐちお
Vannoccio Biringuccio
(1480―1538/1539)

イタリアの冶金(やきん)学者。シエナに生まれる。同地を実質的に支配していたペトルッチ家の援助を受けてドイツに派遣され、広く技術を学んだ。ときどき市の内紛の巻き添えとなって追放の身となったりしたが、鋳砲や築城の学識と経験とを買われ、1529年以降、パルマ公、フェッラーラ公、ベネチア共和国に仕え、最後にローマ法皇の造兵廠(しょう)長官となった。
 彼の死後、1540年にベネチアで彼の唯一の著書『火工術』Pirotechnia(全10巻)がイタリア語で刊行された。本書はアグリコラの『デ・レ・メタリカ』(1556)とともに当時の冶金術の体系的著作であり、1942年および1959年に全文が英語訳されて有名になった。『火工術』はとくに青銅砲の鋳造について詳しく述べており、命中率の高い大砲の製造が可能になって、中世の騎馬戦を中心とする形態とはまったく異なる戦争形態を生んだ。活字鋳造に関する最初の記述もある。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビリングチオの関連キーワードガウランドスカルラッティ冶金リッピイタリアンエルー冶金学ANSAイタリアンカジュアル採鉱冶金学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone