ビル・ゲイツ(読み)びるげいつ

ASCII.jpデジタル用語辞典「ビル・ゲイツ」の解説

ビル・ゲイツ

マイクロソフトの創業者の1人で、会長兼チーフソフトウェアアーキテクト。米ハーバード大学在学中の1974年に友人のポール・アレン氏とAltairというマイコン向けのBASICを開発。マイコンマニアの支持を受け、「BASICの標準」として各社のマイコンに採用される。この成功を機に、1975年にマイクロソフトを設立している。その後、米IBM社のOS開発の受注を足がかりに、MS-DOSの開発やWindowsでの成功によって現在の地位を確立した。世界一ともいわれる膨大な資産がニュースに取り上げられ、世間一般にも広くその名を知られるようになった。2008年7月にはマイクロソフト社の経営とソフト開発の第一線から退き、「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金」の活動に専念するとの発表があった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android