ピアソラ(英語表記)Astor Piazzolla

  • 1912―1992

大辞林 第三版の解説

1921~1992 アルゼンチンの作曲家・バンドネオン奏者。アルゼンチンタンゴの前衛派として、1940年代から活躍。「ロコへのバラード」などのヒット曲がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルゼンチンの作曲家,バンドネオン奏者,タンゴの楽団指揮者。3歳のときニューヨークに移住,そこでバンドネオンを習得。アルゼンチンに戻って演奏・作曲活動を開始し,《エル・デスバンデ》(1946年)など独創的なタンゴを発表してアルゼンチン音楽に新風を吹き込んだ。1954年にはフランスでブーランジェ女史にクラシックの作曲法を学び,さらに前衛的な演奏を展開,〈モダン・タンゴ〉の旗がしらと目された。自らの楽団を率いて,ジャズ演奏家と交流したり,また1968年にはオペラ《ブエノス・アイレスのマリア》を発表するなど,タンゴの枠を超えた活躍をした。以後,大ヒット作《ロコへのバラード》(1970年)やアルバム《タンゴ・ゼロ・アワー》(1986年)などがある。
→関連項目クレーメルヒナステラミルバ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゼンチンのバンドネオン奏者、作曲家。3歳のときニューヨークに移住。幼時からバンドネオンを習うが、タンゴの奏法を本格的に学び始めるのは1934年からである。37年帰国、A・トロイロの楽団の編曲者になり、46年に自身の楽団を組織。以後ブエノス・アイレス八重奏団など、いくつかの楽団も組織した。斬新(ざんしん)なスタイルによる演奏で知られ、モダン派タンゴの第一人者と評される。代表作に『ブエノス・アイレスの春・夏・秋・冬』(四部作)、『ロコへのバラード』『アディオス・ノニーノ』など。このほか交響曲やオペラも作曲。『サンチャゴに雨が降る』(1975)、『タンゴ――ガルデルの亡命』(1985)などの映画音楽も手がけた。

[田井竜一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピアソラの関連情報