コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピア基礎 ピアきそ

百科事典マイペディアの解説

ピア基礎【ピアきそ】

橋脚,ビルなどの一般的な基礎の一つ。土木の分野では,鉄筋コンクリート,鋼材,木材などで筒状の構造物(ピアpier)をつくり,内部の土砂を掘削して,自重および上載荷重を加えて必要な深さまで沈め,必要があれば内部をコンクリートなどで充てんしたものをいう。
→関連項目基礎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピアきそ【ピア基礎 pier foundation】

建造物の荷重を地盤中の硬い層に伝えるため,地業(じぎよう)としてコンクリートを主体とした太い棒状のもの(ピアという)を用いた基礎。ピアはいわばの大規模なもののことであるが,建築と土木では多少定義を異にしている。建築では,地盤に直径80cm以上のたて孔を掘り,その中にコンクリートを打ち込んで杭としたもので,長さが直径の3~5倍以上のもの,あるいは,杭との区別は,杭は地中に打ち込み,または圧入されたもので,ピアはうがたれた地中の孔に何らかの地業を行ったものとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のピア基礎の言及

【基礎】より

…(2)杭基礎 杭基礎は構造物からの荷重を杭などの地業によって地盤に伝える形式の基礎で,直接基礎では支持が困難な軟弱地盤や重量の大きい構造物の場合に用いられ,一般に構造物の荷重を深いところにある良質な地盤に伝える(図2)。ピア(柱造の構造物)を地業に用いるピア基礎は,建築の分野では杭基礎に含めているが,土木の分野では後述のケーソン基礎に含めることが多い。フーチング部分は直接基礎の場合の独立フーチング基礎,連続フーチング基礎,複合フーチング基礎やべた基礎あるいははりの形をとる。…

※「ピア基礎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピア基礎の関連キーワード井筒基礎

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android