ピオベーネ(英語表記)Piovene, Guido

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピオベーネ
Piovene, Guido

[生]1907.7.27. ビチェンツァ
[没]1974.11.12. ロンドン
イタリアの小説家,評論家。『コリエーレ・デッラ・セーラ』紙の海外特派員をはじめ多数の新聞雑誌に関係し,文芸評論を発表した。作品は心理描写によって人間の内面を掘下げ,隠された悪や弱さ,意識の欺瞞性を究明する点に特徴がある。主著『修道女の手紙』 Lettere di una novizia (1941) ,『黒いレポート』 La gazzetta nera (43) ,『憐れみには憐れみを』 Pietà contro pietà (46) ,『冷たい星』 Le stelle fredde (70) 。その他,エッセーの名著として『イタリア紀行』 Viaggio in Italia (57) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピオベーネ
ぴおべーね
Guido Piovene
(1907―1974)

イタリアの小説家。ビチェンツァ市の生まれ。雑誌『ソラーリア』の世代の一人。『ある見習修道女の手紙』(1941)から『ガッゼッタ・ネーラ』(1943)を経て『冷たい星』(1970)まで一貫して、精神の極限状況に置かれた人間存在を、自伝を擬した内観的な筆致で描く。長年のジャーナリスト体験から『アメリカについて』(1953)、『イタリア巡り』(1958)などの優れた紀行エッセイを著し、また自己とファシズムとの関係を真摯(しんし)に告白した論集『藁(わら)っきれ』(1962)は波紋を投げた。[古賀弘人]
『千種堅訳『冷たい星』(1971・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android