コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア紀行 イタリアきこう Italienische Reise

2件 の用語解説(イタリア紀行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア紀行
イタリアきこう
Italienische Reise

ドイツの詩人,作家ゲーテの旅行記。 1816~29年刊。待望のイタリア旅行 (1786~88) ののち 28年を経て書きはじめたもので,当時の書簡や日記などを材料にして,イタリアで触れた古代美術や自然,宗教,人々の生活についての鋭い観察を通して,自身の心の形成を記録した作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリア紀行
いたりあきこう
Italienische Reise

ドイツの詩人ゲーテの旅行記。1829年刊行。1786年から88年にかけてのイタリア旅行の途次、故国の友人たちに寄せた書簡や日記に手を加えてまとめたもので、『詩と真実』に続く自伝的作品。ワイマールでの10年に及ぶ宮廷生活は、多端な政務のため詩人としての彼の活動を逼塞(ひっそく)させ、またシュタイン夫人への精神的な愛はしだいに重苦しさを加え、ついに86年9月、だれにも告げずにイタリアへ遁走(とんそう)した。芸術的にも人間的にも均整と調和を求める古典主義への志向が、あこがれの地イタリアの芸術と人と自然に触れて成熟し、ゲーテが詩人として再生する過程が生き生きと叙述されている。[小栗 浩]
『相良守峯訳『伊太利紀行』全3冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタリア紀行の関連キーワードエーレンシュレーガークラブントゲーテ西ドイツキンダーガーテン統一ドイツアルト・ラプソディーゲーテの冬のハルツの旅への断章ドイツの小さな町東京ゲーテ記念館

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イタリア紀行の関連情報