ピギーバック(英語表記)piggyback

翻訳|piggyback

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピギーバック
piggyback

貨物を積んだトレーラを,そのまま鉄道の貨車に載せて輸送をする,鉄道と道路との協同輸送方式の1つ。アメリカで発達し TOFC(trailer on flat car)といわれ,ヨーロッパではドイツおよびフランスで普及している。フランスではトレーラ部分を鉄道台車の下に入れて積込むカンガルー方式 kangaroo systemが実用化されていて,日本でも 1969年にこの方式が試行され,一部路線で実用化された。その後,86年に台車の上に載せる従来の方式によるサービスを JR貨物がスタートさせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ピギーバック

大きな衛星を打ち上げる際に、ロケットの余剰能力を使って相乗りで打ち上げる極めて小さな衛星。近年の世界の大型ロケットの打ち上げには、ほとんど何らかのピギーバック衛星が搭載されるようになってきた。キューブサットもその1つ。2005年8月にバイコヌール宇宙基地からロシアのロケットドニエプルによりOICETSを打ち上げた際には、INDEX(「れいめい」)というピギーバック衛星が搭載された。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

ピギーバック【piggyback】

貨物を積んだトレーラーやトラックを鉄道車両に直接載せて輸送する方法。台車輸送。
同一コマーシャル時間枠の中で、複数の商品広告をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピギーバック
ぴぎーばっく
piggy-back

鉄道で貨物自動車用トレーラーを平貨車によって輸送するアメリカの方式。もともとは海上コンテナを平貨車で輸送するのをフィッシュバックとよんでいたが、1960年代に自動車用トレーラーを鉄道輸送する方式の普及にあたり、この用語が生まれた。積載された形状がブタの背中に似ていることからこの呼び名がついた。鉄道用語としてはTOFC(trailer on freight car)というのが正式である。[西尾源太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android