コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピクロトキシン ピクロトキシンpicrotoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピクロトキシン
picrotoxin

C30H34O13 。コッカリンともいう。ツヅラフジ科のつる性の低木アナミルタ Anamirta cocculusの種子に含まれる苦みのある有毒成分。中枢神経興奮作用があり,アルコールから光沢のある長斜方形の葉状結晶となる。水溶性。医薬としても用いられ,中枢興奮剤やバルビツル酸の解毒に利用される。副作用は,急性のけいれんや錯乱。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピクロトキシン【picrotoxin】

インド,東南アジア方面に分布するツヅラフジ科の低木Anamirta cocculusの種子中に含まれる痙攣(けいれん)毒で,ピクロトキシニンpicrotoxininとピクロチンpicrotin(これ自身に毒性はない)の各1分子からなる分子化合物。中枢神経系に強い刺激作用を有し,中枢興奮薬,痙攣毒の代表的薬物。ピクロトキシンによる痙攣は間代性痙攣で,作用部位は中枢神経全域にわたるが,とくに脳幹に強く作用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のピクロトキシンの言及

【興奮薬】より

…〈覚せい剤取締法〉によりその使用は厳しく制限されている。覚醒剤(3)脳幹興奮薬 ピクロトキシン,ペンテトラゾール,カンフル,ニケタミド,ベメグリドなどは脳幹,ことに延髄に作用して,呼吸,血液循環の中枢を興奮させる。このうちのいくつかの薬物は,催眠薬や麻酔薬の中毒の際に呼吸興奮薬として使われるが,大量を与えたときは痙攣を起こす。…

※「ピクロトキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピクロトキシンの関連キーワードAnamirta cocculusストリキニーネ中枢神経興奮薬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android