ファイサラーバード

  • Faisalābād

世界大百科事典 第2版の解説

パキスタン北東部,パンジャーブ州の,ラービー川とチェナーブ川とに挟まれたレチュナ・ドアーブの中央部にある商工業都市。人口188万(1995)。旧名リャルプルLyallpur。下チェナーブ用水路の開通(1901)により開発された用水路入植地の中心で,カラチ向けの小麦,綿花の集荷と移出を通じて都市形成をみた。以後,紡績,製粉,製油,農機具などの諸工業が立地。シビから天然ガスのパイプラインが通じている。【応地 利明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android