ファルネーゼ家(読み)ファルネーゼけ(英語表記)Farnese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリアの名門家系で,パルマピアチェンツァ公家。起源は 10世紀といわれる。一門が頭角を現したのは,ラヌンチオ (?~1460頃) の代からで,傭兵隊を指揮して教皇領の防衛にあたり,ローマ教皇エウゲニウス4世の信任を得,富と権勢を築いた。特に栄えたのは一門のアレッサンドロが 1534年にパウルス3世として教皇に選ばれてからである。彼は 45年に教皇領の一部を割譲してパルマ=ピアチェンツァ公国を新設,それを庶子のピエル・ルイジ (ファルネーゼ,P.) に与えた。彼は専制政治をしき,法制,政治機構の整備,皇帝権からの独立をはかったが,貴族の陰謀によって暗殺された。次いでピエル・ルイジの子オッタビオ (1524~86) が第2代パルマ=ピアチェンツァ公となり,神聖ローマ皇帝カルル5世の庶子マルゲリータと結婚。しかし公国の独立をカルルよりたびたび脅かされた。ヘント条約 (56) によりピアチェンツァを確保。その子アレッサンドロ (ファルネーゼ,A.) はスペイン王フェリペ2世の宮廷で教育を受け,傭兵隊長として活躍。レパントの海戦 (71) ,ネーデルラントの反乱軍制圧に戦功をあげ,78年 10月フェリペ2世よりネーデルラント総督に任命された。 86年に公を継ぎ,フェリペ2世のイギリス本土侵攻にそなえてネーデルラントから引揚げたが,88年無敵艦隊敗退の責任の一端を負わされて病につき,92年没。以後も同家がパルマ=ピアチェンツァ公国を保持したが,アントニオ (1673~1731) のときに嗣子がなく,1731年で家系は絶えた。同家は芸術家を保護したことでも有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android