無敵艦隊(読み)むてきかんたい(英語表記)Spanish Armada; Invincible Armada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペイン王フェリペ2世(在位 1556~98)が,エリザベス1世(在位 1558~1603)率いるイングランドへの直接攻撃を企図し,1588年にイギリス海峡に送り込んだ大艦隊スペイン語でアルマダ(「海軍」「艦隊」の意)Armada,またはアルマダ・インベンシブレ Armada Invencibleと呼ぶ。スペインはメディナ・シドニア公アロンソ・ペレス・デ・グスマンを司令官に,約 130隻の戦艦に船員約 8000人,兵士約 1万9000人を乗り組ませ,同年 5月にリスボンを出航,7月末にドーバー海峡に入った。迎え撃つチャールズ・ハワード(→ノッティンガム)率いるイングランドの艦隊は,わずか 100隻にも満たなかったが機動力をいかした砲撃でスペインを牽制し,8月7~8日にはカレー沖に投錨していたスペインの船団に炎上した船を送り込む「火船」作戦で攪乱,数隻を撃沈し北へ敗走させた。その後,北海からスコットランドを迂回したスペイン艦隊の航海は船の損壊や食料・水不足,悪天候で数千人が命を失うなど凄惨をきわめ,9月末までに帰還できた船は半数以下に減っていた。スペインの敗北により,制海権イギリスの手に渡り,スペインの国際貿易,植民地経営は打撃を受け国力の衰退を招くにいたった。また,戦法・戦術においてガレー船からガレオン船に,「敵船斬り込み」から砲撃に置き換わった点で重要なエポックとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スペイン語Armada Invencibleの訳。〈アルマダ〉とも。1588年スペイン国王フェリペ2世が,英国侵攻を図って進発させた艦隊に与えた呼称。130隻(兵員約3万)の艦隊をもって出撃したが,ハワード,ドレークらの率いる英国艦隊に惨敗,スペイン没落の遠因となった。
→関連項目エリザベス[1世]ガレオン船スペインプリマスフロビッシャーホーキンズラ・コルニャ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1588年,スペイン王フェリペ2世がイギリス制圧のために派遣した艦隊。アルマダとも呼ばれる。〈無敵艦隊Armada Invencible〉の名は後世イギリス人が付けたもので,のスペインでは単に〈大艦隊Gran Armada〉と呼ばれた。いずれにせよ,事件そのものとしては〈ドーバー海戦〉と呼ぶべきものである。 16世紀後半,西ヨーロッパ情勢は宗教分裂に政治対立が重なり,複雑を極めた。その中にあってハプスブルク体制の筆頭国でありカトリック・ヨーロッパの覇者を自任するスペインにはおのずから周囲の嫉妬,警戒心,敵意が集中した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スペイン王フェリペ二世のときの艦隊をさす。戦艦百数十隻を有する海軍力で、無敵を誇っていたところからいったが、一五八八年にイギリスを攻撃して逆に大打撃を受け、それ以後スペインの制海権は衰微。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

16世紀後半の,当時世界最強と称されたスペインの海上戦力。「アルマダ」
戦艦130,船員8000人,陸軍1万9000人からなる。イギリス上陸とオランダ独立軍鎮圧を企図して1588年リスボンを出航したが,ドレークらのイギリス海軍に敗れ,暴風で壊滅し,その海上権をイギリスに奪われた。この戦いを別名アルマダ戦争とも呼ぶ。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の無敵艦隊の言及

【ラ・コルニャ】より

…ローマ植民市アルドビクム・コロニウムから発展した町で,5世紀にはスエビ王国の首都になった。1588年無敵艦隊がここから出港し,翌年イギリス艦隊の砲撃により町は破壊された。海岸通りは,白枠のガラス窓が鏡のように並び,〈ガラスの町〉と別称されている。…

※「無敵艦隊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無敵艦隊の関連情報