コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファームウェア ファームウェア

5件 の用語解説(ファームウェアの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファームウェア

ハードウェア内のROMやフラッシュメモリーに記録された組み込みのソフトウェアコンピューターや機器の初期設定情報などが書き込まれている。固定的に使用されることから、ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在として、ファーム(固定した)ウェアと呼ばれる。なお、ファームウェアがフラッシュメモリーで提供されている場合は、書き換えることもできる。パソコン周辺機器では、最新OSへの対応やセキュリティー性能の向上などに、ファームウェアのアップデート行われることがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファームウェア

順序づけられた命令の集合および関連データで,主記憶装置とは機能的に無関係な方法で記憶されるもの。通常,ハードウェアの中に組み込まれているマイクロコンピューターソフトウェアを指し,ROM化されているので外部から変更できない構造になっている。
→関連項目BIOS

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

IT用語がわかる辞典の解説

ファームウェア【firmware】

各種ハードウェアを直接制御するために、あらかじめ組み込まれた基本的なソフトウェアROM(ロム)などのLSIに書き込まれ、パソコンや周辺機器、家電製品に搭載される。また携帯電話やデジタルカメラなどには製品出荷後も比較的容易に書き換えができるものもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ファームウェア

コンピューター器機の装置や回路など(ハードウェア)を制御するためのソフトウェア。特にパソコン、モバイル端末家庭用ゲーム機など高度なコンピューター器機で重要な要素となっている。ハードウェアを制御する固定的システムであるため、ソフトウェアとハードウェアの中間的なものとして「Firm(固定の)ware」と名づけられた。通電していなくても内容が消えない半導体メモリ記憶装置(不揮発メモリ)に記録されていることが多い。ファームウェアが脆弱性を持っていたり、改良を加えたりする場合には、ファームウェアのアップデート(更新・修正)が販売元などより提供される。

(2015-3-31)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファームウェア
ふぁーむうぇあ
firmware

コンピュータや周辺機器などの、基本動作を制御するためのプログラム。本体内のROM(ロム)に書き込まれているため、OS(オペレーティングシステム)やアプリケーションのように電源を切っても消えることはない。ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在であり、OSよりもハードウェアに近い部分で動作し、基本的には書き換えを想定していないことから、ファームfirm(堅固な)ウェアとよばれる。
 具体的には、パソコンのBIOS(バイオス)のように最低限必要な入出力の管理や、プリンター、ルーター、スマートフォン、タブレット型端末、携帯電話、ゲーム機などの基本的な機能を操作するためのシステムである。そのほかにも、コンピュータを内蔵したデジタル家電にも使われる。
 ファームウェア自体の不具合の修正や、機器の機能強化のためのバージョンアップなどを行えるように、書き換え可能なROMであるフラッシュROM(フラッシュメモリー)に記録しておくケースも多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファームウェアの言及

【ハードウェア】より

…例えば比較的簡単な処理装置では乗算の機能はもたず,乗算はソフトウェアによって加算の連続として実現できるが,乗算用の電子回路を作り,乗算をハードウェア化するほうが乗算を高速化できる。 プログラムを書き替え可能な記憶装置に格納するのではなく,固定的な記憶装置に記憶して所望機能を実現する方式はこれに対してファームウェアfirmwareと呼ばれる。【斉藤 忠夫】。…

※「ファームウェア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファームウェアの関連キーワード不揮発性メモリーフラッシュメモリーフラッシュROMUSBフラッシュメモリーフラッシュディスクNAND型フラッシュメモリーNOR型フラッシュメモリーフラッシュメモリードライブUSBフラッシュメモリーウイルスフラッシュメモリーディスク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファームウェアの関連情報