コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーム・バンキング ファーム・バンキングfirm banking

1件 の用語解説(ファーム・バンキングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーム・バンキング
ファーム・バンキング
firm banking

金融機関のコンピュータと企業のコンピュータを通信回線で結び,企業のオフィスにいながら入出金明細,預金残高などの照会,金利や為替レートなど金融情報の入手,振込,口座間の振替といった資金移動などを行なえるサービス

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のファーム・バンキングの言及

【銀行】より

…ただし,決済機能を有しないため,決済はコルレス金融機関相互間の相対で行う必要がある。
[銀行と企業間の機械化]
 銀行と企業のコンピューターを通信回線で接続して,振込手続や入金通知などの業務,また為替情報,金利情報などのデータサービスを行うシステムをファーム・バンキングfirm bankingという。1982年10月の電電公社の回線自由化により,83年4月から都市銀行各行がこのサービスを開始している。…

【バンキングシステム】より

…銀行のコンピューター間の相互接続により,他行の自動支払機からの払出しも行われる。大口の顧客に対しては銀行のコンピューターと顧客のコンピューターあるいは端末を直結して,顧客と銀行の間の情報のやりとりを自動化することはファームバンキングfirm bankingと呼ばれる。【斉藤 忠夫】。…

※「ファーム・バンキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファーム・バンキングの関連情報