コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアン[2世] Juan II

2件 の用語解説(フアン[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フアン[2世]【Juan II】

1398‐1479
アラゴントラスタマラ朝初代のフェルナンド1世の次男で,いわゆる〈アラゴンの王子たち〉の一人。ナバラ王女と結婚してナバラ王(在位,1425‐79)となり,次いでアラゴン連合王国の王位(在位,1458‐79)にも就いた。 政治的才能と外交手腕にたけ,またそれだけに野心家でもあったフアン2世の一生は,戦闘の連続だった。まず多く利権をもつカスティリャの内政にオルメードの戦(1445)で敗れるまで執拗に干渉した。

フアン[2世]【Juan II】

1405‐54
カスティリャ王。在位,1407‐54年。後のカトリック女王イサベル1世の父。中世末期のその治世下,カスティリャは王権の強化に向かう西ヨーロッパ政治の趨勢とこれに対する大貴族の抵抗が激突を繰り返す舞台と化した。生来気弱で積極的に主導権を行使する才覚にも欠けた王は,終始状況の推移に翻弄され続け,王に代わって政治の采配を振るった寵臣アルバロ・デ・ルナÁlvaro de Luna(1390?‐1453)が政敵の手で処刑されると,まもなく没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフアン[2世]の言及

【ルナ】より

…カスティリャ王フアン2世の寵臣。アラゴンの名門貴族ルナ家の出身。…

※「フアン[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フアン[2世]の関連キーワードカスティリオーネカステライサベルカスティリャカスティーリャサンティリャーナデルマルバリャドリードフィリスティンカスティーリャイレオンカスティーリャラマンチャ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone