コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシャーマンズワーフ Fisherman's Wharf

デジタル大辞泉の解説

フィッシャーマンズ‐ワーフ(Fisherman's Wharf)

米国カリフォルニア州サンフランシスコ中心部の一地区。名称の由来は、イタリア人漁夫の船着場として栄えたことから。サンフランシスコの代表的な観光地で、海産物を使った料理が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

フィッシャーマンズワーフ【フィッシャーマンズワーフ】
Fisherman's Wharf

アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにある観光名所。市の中心街の北側、ゴールデンゲートブリッジを望む港のエリアで、蒸しガニやカボチャのようなパンの容器に入れられたクラムチャウダーを求めて観光客が集まる。ピア39はみやげ物店やレストランが集まったビレッジで、人気がある。遊園地や水族館のほか、さまざまなショップがあり、アルカトラズ島や湾内クルーズの観光船が発着している。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

フィッシャーマンズワーフの関連キーワードオールドフィッシャーマンズワーフ富山県氷見市中央町北海道釧路市錦町海洋リゾート毛綱 毅曠釧路(市)港の屋台毛綱毅曠

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィッシャーマンズワーフの関連情報