フェストゥーン(英語表記)festoon

翻訳|festoon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェストゥーン
festoon

装飾文様の一種。様式化された草花,果実,葉,リボンを使った花縄の中央部をたるませ,両端を縛った形式の文様。懸花装飾ともいう。「祭り」 festaのための花縄や草葉などをつないで上からつるす飾りに由来する名称。ギリシア後期の作品にもみられるが,主としてローマ時代に盛んに用いられた。イタリア・ルネサンス期やバロック期にも多くみられ,建築,家具,染織品,陶磁器,金工品などの縁どり模様として多用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェストゥーン【festoon】

花,枝葉,果実,穀物等を帯状布で巻き,2点間に緩やかにつり下げた形を示す装飾。懸華(けんか)装飾,花綱(はなづな)装飾ともいう。石,スタッコ,ないしブロンズレリーフ(浮彫),および絵として表され,主として古典様式建築のフリーズfrieze(水平装飾部材)または墓碑等に荘重感と記念性を強めるために用いられる。festa(〈祝祭〉の意)と同根の語で,祝祭用の花綱がヘレニズム時代の祭壇神殿の装飾に転用され,ローマ時代に一般化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android