コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェニル酢酸

世界大百科事典 第2版の解説

フェニルさくさん【フェニル酢酸 phenylacetic acid】

α‐トルイル酸ともいう。酢酸のメチル基の水素原子一つをフェニル基C6H5-で置換した構造をもつ化合物。ハッカ油やバラ油,ネロリ油などに遊離酸またはエステルとして存在する。融点78℃,沸点227℃の特異な臭いをもつ白色鱗片状結晶。冷水,石油エーテルに難溶,熱水,アルコール,エーテル等の有機溶媒に可溶。水溶液は弱酸性を示し,酸解離指数pK=4.312(25℃)。種々の金属と塩をつくる。通常のカルボン酸と同じく,エステル酸アミド酸塩化物,酸無水物をつくり,有機合成に用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フェニル酢酸の関連キーワードエネルギー代謝阻害剤コリンエステラーゼフェニルケトン尿症パラアミノ安息香酸フェニルピルビン酸ホモゲンチジン酸ペニシリン発酵有機水銀化合物石油エーテルグルタミンマンデル酸ネロリ油有機溶媒土壌汚染ラクタムメチル基化合物馬尿酸くさや水溶液

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android