コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルキッシャー・ベオバハター フェルキッシャー・ベオバハター Völkischer Beobachter

2件 の用語解説(フェルキッシャー・ベオバハターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルキッシャー・ベオバハター
フェルキッシャー・ベオバハター
Völkischer Beobachter

ナチスの機関紙。 1887年ミュンヘンで創刊された肉屋ギルドの業界紙『ミュンヒナー・ベオバハター』がその前身。 1919年『フェルキッシャー・ベオバハター』 (「民族の観察者」の意) と改題。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルキッシャー・ベオバハター
ふぇるきっしゃーべおばはたー
Vlkischer Beobachter

ドイツのナチス党機関紙。1887年にミュンヘンで創刊されたが、1920年にヒトラーに買収され、23年2月以来日刊の大衆的政治新聞となり、大衆集会とともにナチスの重要な宣伝手段とされた。同年11月のヒトラー一揆(いっき)後禁止され、25年2月復刊。33年1月末のヒトラー政権成立後は、一党独裁下の党機関紙として、ナチス・ドイツの公式見解を伝えるものとなった。ナチスの敗北とともに45年4月末廃刊。主筆は、1921~23年エッカルト、23~38年ローゼンベルク、38~45年ワイス。発行部数は、1925年4000、32年12万6000、38年60万、44年170万といわれる。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェルキッシャー・ベオバハターの関連キーワードナチスローゼンベルクニューミュンヘンミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビールフェルキッシャー・ベオバハター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone