コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルキッシャー・ベオバハター Völkischer Beobachter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルキッシャー・ベオバハター
Völkischer Beobachter

ナチスの機関紙。 1887年ミュンヘンで創刊された肉屋ギルドの業界紙『ミュンヒナー・ベオバハター』がその前身。 1919年『フェルキッシャー・ベオバハター』 (「民族の観察者」の意) と改題。 20年ヒトラーが買収,以来ナチスの機関紙となり,23年日刊紙となったが,ミュンヘン一揆失敗後一時姿を消した。 25年復刊後はナチスの勢力拡大とともに部数を伸ばし,30年代には北ドイツ版が 41万部,南ドイツ版が 15万部,ウィーン版が4万部,計 60万部に伸び,最盛時には 170万部に達したといわれる。ただし,J.ゲッベルスがベルリンで発行していた別の党機関紙『アングリフ』とは絶えず対立を続けた。 45年4月停刊,消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルキッシャー・ベオバハター
ふぇるきっしゃーべおばはたー
Vlkischer Beobachter

ドイツのナチス党機関紙。1887年にミュンヘンで創刊されたが、1920年にヒトラーに買収され、23年2月以来日刊の大衆的政治新聞となり、大衆集会とともにナチスの重要な宣伝手段とされた。同年11月のヒトラー一揆(いっき)後禁止され、25年2月復刊。33年1月末のヒトラー政権成立後は、一党独裁下の党機関紙として、ナチス・ドイツの公式見解を伝えるものとなった。ナチスの敗北とともに45年4月末廃刊。主筆は、1921~23年エッカルト、23~38年ローゼンベルク、38~45年ワイス。発行部数は、1925年4000、32年12万6000、38年60万、44年170万といわれる。[吉田輝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェルキッシャー・ベオバハターの関連キーワードローゼンベルク(Alfred Rosenberg)アルフレート ローゼンベルクシュトラッサーローゼンベルク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android