フェルナンド(1世)(読み)ふぇるなんど(英語表記)Fernando Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルナンド(1世)(カスティーリャ王)
ふぇるなんど
Fernando
(1016?―1065)

カスティーリャ王(在位1035~65)。11世紀前半にキリスト教スペイン諸国をほぼ統一支配したナバラ王サンチョ3世の次男。母方の叔父であるカスティーリャ伯ガルシア2世が暗殺された結果、母を介してカスティーリャを継承し、父の死後その初代の王となった。まもなく領土紛争からタマロンの戦い(1037)で西のレオン王を破り、かつての宗主国レオンを併合して皇帝を称した。この後10年余りは国内の司法や行政などの改革に費やしたが、やがてふたたび領土問題から今度は兄である東のナバラ王ガルシア4世と争い、これをアタプエルカAtapuercaの戦い(1054)で討った。内外ともに威信を高めた彼は、次の矛先を後(こう)ウマイヤ朝の崩壊(1031)によって分裂と内戦に陥っていたアル・アンダルスに向け、ポルトガル中部のコインブラその他の町を占領した。晩年、当時の封建思想に従って領土を3人の息子に分割相続させたために、レオンとカスティーリャは彼の死後ふたたび二国に分かれた。[小林一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android