コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルマ Fermat, Pierre de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルマ
Fermat, Pierre de

[生]1601.8.17. ボーモンドロマーニュ
[没]1665.1.12. ツールーズ,カストル
フランスの数学者。フェルマの最終定理 (フェルマの問題) で有名。地方のフランシスコ修道会の学校で最初の教育を受け,その後法律を学んだ。 1631年オルレアン大学から法学士の称号を得,ツールーズの地方議会に勤め,34年に顧問官になった。数学は余暇に研究したにすぎないが,デカルトと並んで 17世紀前半における最大の数学者の一人であった。しかし,彼は研究を発表することを好まず,また使用した数学記号が古かったため,同時代の数学に与えた影響はそれほど大きくなかった。おもな業績には,デカルトと独立に解析幾何学の発見,微分積分学の発見への貢献,パスカルとの文通から確率論の創始,整数論の研究 (フェルマの小定理,大定理) ,フェルマの原理の発見などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

フェルマ【Pierre de Fermat】

1601~1665) フランスの数学者。解析幾何学・微分学の先駆。パスカルと共同で確率論の基礎を築き、整数論を発展させた。また、光学にも貢献した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルマの関連情報