コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルサム文化 フォルサムぶんか Folsom culture

3件 の用語解説(フォルサム文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルサム文化
フォルサムぶんか
Folsom culture

北アメリカ最古の石器文化 (前1万頃~8000) 。ニューメキシコ州の同名の遺跡から発見された有溝尖頭石器に特色がある。北アメリカの中・南部の高原や,ロッキー山脈の東麓地帯に分布している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォルサム文化【フォルサムぶんか】

北米大陸における8000年前の狩猟民の文化。パレオ・インディアン文化の一つ。1926年米国ニューメキシコ州のフォルサムFolsomで発見された押圧剥離(はくり)によるフリント製の有溝尖(せん)頭器(フォルサム・ポイント)を特徴とし,ロッキー山脈の東側の高原地帯に遺跡が分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルサム文化
ふぉるさむぶんか
Folsom

北アメリカ大平原(グレート・プレーンズ)のニュー・メキシコ州東部からワイオミング州東部にかけて分布するパレオ・インディアン文化の一つ。押圧剥離(はくり)技法による樋状剥離痕(ひじょうはくりこん)をもち、湾入した基部をもつ木葉形尖頭器(せんとうき)(ポイント)が特徴。バイソン、マンモス、ウマなど絶滅種の大型哺乳(ほにゅう)動物を共伴し、地質年代ではウィスコンシン氷河期最末期に比定され、放射性炭素14法による年代は1万1000~9300年前である。ニュー・メキシコ州フォルサム遺跡にちなんで命名された。
 コロラド州北東部リンデンマイアー遺跡では、樋状剥離痕をもつフォルサム・ポイントのほか、ナイフ型石器、チョッパー、スクレーパーなどとともに骨角器、ビーズ、骨製小盤などが出土。約1万1000年前の大型獣狩猟の実態と当時の狩猟民の生活が跡づけられている。ほかにシャーバウア遺跡(テキサス州)、ブラックウォーター・ドゥロウ遺跡(ニュー・メキシコ州)などが知られている。[小谷凱宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフォルサム文化の言及

【パレオ・インディアン文化】より

…新大陸で最古の人類文化と解釈されている先史文化の総称。パレオ・インディアンPaleo‐Indian文化は時期的には上部洪積世から沖積世初頭に位置づけられ,石器製作技術や共伴する動物相のちがいにより,プレ・プロジェクタイル・ポイント文化,プロジェクタイル・ポイント文化,パレオ極北文化に大別される。プレ・プロジェクタイル・ポイント文化は粗雑な剝片石器や礫器に特徴づけられ,ペルーのパカイカサ文化,アヤクチョ文化などに代表され,1万4000~1万5000年以前に比定されている。…

※「フォルサム文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォルサム文化の関連キーワード狩猟文フロリダ半島スー族テント御留場採集狩猟民磐司磐三郎母材米国の宗教狩猟民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone