フォント

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

フォント

コンピューターで使う文字のデザインのこと。活字の時代には、同じ書体で同じサイズの活字セットを指す言葉であったが、電算写植やDTPではひとつのフォントで拡大や縮小、変形ができるため、太字斜体などのスタイルを含めてフォントと呼ぶようになった。明朝体ゴシック体、毛筆体、楷書体、ポップ体など、さまざまな種類がある。書体やタイプフェースとほぼ同じ意味で使われる。現在のWindowsやMac OSでは、アウトラインフォントTrueTypeフォントが標準で使用されている。拡大・縮小しても文字の形が崩れず、高品位に印刷できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

フォント

文字の書体のことです。また、各書体のデータのこともフォントといいます。画面表示や印刷で使われる用語です。ウィンドウズにもMSゴシックをはじめとして数種類のフォントが付属します。また、それ自体が独立した商品として売られたりもしています。
⇨アウトライン・フォント

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ホームページ制作用語集の解説

フォント

コンピュータ上で表示したり印刷したりする際の文字の形、書体とも呼ばれる。フォントにはゴシック体、 明朝体など多くの種類があり、文字の見栄えを変更するために使われる書体のデータである。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

フォント【font】

大文字・小文字・数字など、同一書体で、同一の大きさの欧文活字のひとそろい。
コンピューターが表示、または印刷に使う文字の形を収めたデータ。
により表示された文字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

フォント

〘名〙 (font)
① 同一活字書体の一そろい。欧文のパイカ、エソート、漢字の明朝体などの活字が同一の大きさで一通りそろっているそのセットをいう。〔造本と印刷(1948)〕
② コンピュータで、文字を画面に表示したり、プリンタで印刷したりするためのデータやその書体。〔電子計算機はこう使われている(1966)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフォントの言及

【入出力装置】より

…ページプリンターは,高速性よりも文字と図形や画像を混ぜて印刷することや,正確な印刷,美しい印刷を目的としている。 印刷に使う,一組の文字すべての形を決めたものをフォントという。従来のプリンターにおいては1種類または数種類の組み込みのフォントだけが使われていた。…

※「フォント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォントの関連情報