コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロウチョウ(梟蝶) フクロウチョウ

1件 の用語解説(フクロウチョウ(梟蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フクロウチョウ【フクロウチョウ(梟蝶)】

鱗翅目フクロウチョウ科Brassolidaeに属する昆虫の総称(イラスト)。ジャノメチョウ科にごく近縁で,大型のフクロウチョウ属Caligo,小型のヒメフクロウチョウ属Opsiphanes,頭部が少し引っ込んでうずまった感じのナポレオンフクロウチョウ属Dinastorなどを含む。開張4.5~14cm。メキシコから南アメリカにかけての熱帯,亜熱帯に分布する。フクロウチョウ属のものは,後翅に1個の大きな眼状紋があり,翅をぱっと開いたときに,その左右の1対が動物の目玉を思わせ,鳥類などの捕食性天敵を威嚇するのに一定の効果をもつといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフクロウチョウ(梟蝶)の言及

【行動】より

…多くの昆虫,魚などは,体色や形の効果を利用し隠れる防衛を行っているが,逆に目だつ色彩やパターンを利用して相手を威嚇して身を守る場合もある。フクロウチョウの後翅(こうし)にはフクロウの目のような斑紋(目玉模様)があるが,普通に静止しているときには前翅の下になって見えない。しかし,危険を感じてはばたくと突然,後翅の模様が現れ,捕食者である鳥を威嚇する。…

【チョウ(蝶)】より

…全世界に約2500種が知られている。(5)フクロウチョウ科 中央および南アメリカに分布するチョウで,後翅裏面にある大きな眼状紋がフクロウの目を連想させるところからこう命名されたチョウとその近縁種約80種のグループ。ジャノメチョウ科と近縁で,幼虫は単子葉植物(たとえばバナナなど)を食べる。…

※「フクロウチョウ(梟蝶)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フクロウチョウ(梟蝶)の関連キーワード鱗翅類木の葉木菟島梟白梟風鳥袋打ち袋猫面梟ふくろうの叫び

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone