コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジミドリシジミ フジミドリシジミ

2件 の用語解説(フジミドリシジミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジミドリシジミ
フジミドリシジミ

ミドリシジミ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フジミドリシジミ
ふじみどりしじみ / 富士緑小灰蝶
[学]Shibataniozephyrus fujisanus

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。北海道(南西部)、本州、四国、九州に分布する日本の特産種。日本の多くの地域では山地のブナ林に生息し、ブナ林の指標種となる。はねの開張33ミリ内外。雄のはねの表が黄緑ないし青緑に光るミドリシジミの仲間のなかではもっとも小さく、その色彩が強く青色を帯びるのが著しい特徴である。最初に富士山で発見されたのでこの名がある。年1回の発生、暖地では六月中旬から下旬、寒冷地では7月中旬から下旬が最盛期。飛翔(ひしょう)力は弱く、山頂部に吹き上げられた雄をみることが多い。食樹はブナ、イヌブナ(ブナ科)。夏に食樹の細枝に産み付けられた卵はそのまま冬を越し、翌春に食樹の芽立ちと同時に孵化(ふか)する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フジミドリシジミの関連情報