コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化水素酸(弗化水素酸) ふっかすいそさん hydrofluoric acid

1件 の用語解説(フッ化水素酸(弗化水素酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふっかすいそさん【フッ化水素酸(弗化水素酸) hydrofluoric acid】

フッ化水素HFの水溶液。フッ酸ともいう。蛍石の粉末に濃硫酸を加えて加熱し,発生するフッ化水素を冷却して得られる。共沸混合物は35.37%で,最高沸点は120℃。水和物としてはHF・H2O(融点-35.2℃),4HF・H2O(融点-100.3℃)などが知られている。無色の刺激性液体で,空気中で発煙し,有毒で,皮膚や粘膜を強く侵す。他のハロゲン化水素酸と異なり,希薄水溶液で弱酸性を示す。次のような解離平衡がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フッ化水素酸(弗化水素酸)の関連キーワードシアン化水素酸臭化水素フッ化物ホウ素過酸化水素水弗化水素沃化水素弗化弗化物フッ素中毒

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone