フュルト(英語表記)Fürth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フュルト
Fürth

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。ニュルンベルク西郊,レドニッツ川とペグニッツ川の合流点 (合流後はレグニッツ川となりマイン川に注ぐ) に位置する。金細工アルミニウム,家具,おもちゃ,電気機器,精密機械,衣類などの諸工業が立地。 1835年ドイツ最初の鉄道がニュルンベルクとの間に通じた。人口 11万4044(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フュルト
ふゅると
Frth

ドイツ南東部、バイエルン州の都市。レグニッツ川とペグニッツ川の合流点に位置する。人口11万0500(2000)。交通上、好位置に恵まれ、11世紀ごろまでは市場町としてこの付近でもっとも繁栄した。その後、東に隣接するニュルンベルクの台頭などにより、その地位は相対的に低下した。15世紀以降、ユダヤ人、フランスの新教徒ユグノーの人々、オランダ人などの集合地あるいは入植地になり、彼らはこの地に多くの革新をもたらした。鏡、玩具(がんぐ)、繊維、家具、ラジオ、光学・精密機械など、多様な工業が発達する。1835年、ニュルンベルクとの間にドイツ最初の鉄道が走った。[石井英也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フュルトの関連情報