コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラカストロ Girolamo Fracastoro

世界大百科事典 第2版の解説

フラカストロ【Girolamo Fracastoro】

1478ころ‐1553
ルネサンス期イタリアの医学者。パドバで文学,哲学,数学,天文学,医学を学んだ。経験を重んじて自然の自律的な原理を求め,例えば伝染病を感染方法((1)接触,(2)服などの近接物,(3)種子的な遠隔物)によって分類し,占星術的解釈を排したことは注目される。梅毒論の著者として特に有名で,当時猛威をふるっていた梅毒を現在もシフィリスsyphilisと呼ぶのは,《シフィリス,またはフランス病》(1531)というギリシア美少年の名にちなんだ彼の著作名から来ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラカストロ
ふらかすとろ
Girolamo Fracastoro
(1478―1553)

イタリアの医者、詩人であり、諸学に通じた人文学者。スカリジェルやコペルニクスらと交わり、パウルス3世の侍医としてトレント公会議に参加した。詩論『ナウゲリウスあるいは詩についての対話』Naugerius sive de Poetica dialogus(1555)において、詩人が模倣するのは事象ではなく理念であると説き、アリストテレスの模倣説とプラトンの美学とを調和させた。[浜下昌宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フラカストロの関連キーワードフラカストーロ化石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android