コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラカストロ Girolamo Fracastoro

2件 の用語解説(フラカストロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フラカストロ【Girolamo Fracastoro】

1478ころ‐1553
ルネサンスイタリアの医学者。パドバで文学,哲学,数学,天文学,医学を学んだ。経験を重んじて自然の自律的な原理を求め,例えば伝染病を感染方法((1)接触,(2)服などの近接物,(3)種子的な遠隔物)によって分類し,占星術的解釈を排したことは注目される。梅毒論の著者として特に有名で,当時猛威をふるっていた梅毒を現在もシフィリスsyphilisと呼ぶのは,《シフィリス,またはフランス病》(1531)というギリシア美少年の名にちなんだ彼の著作名から来ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラカストロ
ふらかすとろ
Girolamo Fracastoro
(1478―1553)

イタリアの医者、詩人であり、諸学に通じた人文学者。スカリジェルコペルニクスらと交わり、パウルス3世の侍医としてトレント公会議に参加した。詩論『ナウゲリウスあるいは詩についての対話』Naugerius sive de Poetica dialogus(1555)において、詩人が模倣するのは事象ではなく理念であると説き、アリストテレスの模倣説とプラトンの美学とを調和させた。[浜下昌宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラカストロの関連キーワードギベルティグロテスクベネチア派ボッティチェリルネサンスルネッサンスカロリングルネサンスヴィーナスの誕生清水純一フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone