コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランク=コンドンの原理 フランク=コンドンのげんりFranck-Condon's principle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランク=コンドンの原理
フランク=コンドンのげんり
Franck-Condon's principle

分子内の2つの電子状態の間で遷移が起る場合,原子核の位置は変化しないという法則。図の曲線A,Bは,二原子分子の2つの電子状態におけるポテンシャルエネルギーを表わしたもので,横軸は2つの原子核の間の距離,縦軸はエネルギー,水平線は各振動状態のエネルギー準位を示す。 A の振動状態 a (曲線A上の任意の点) で光を吸収して上の B に遷移するとき,電子が遷移するのに要する時間は核の振動に比べて非常に速く,この間に核の位置は変化しないと考えられる。これがこの原理のおもな内容である。したがって,遷移後は,a の真上に端をもつ b' の振動状態 (これをフランク=コンドン状態という) に移る。しかし,この振動状態はすぐに基底状態 b に落ち,光を放出して真下の a' の振動状態に遷移する。このようにして,分子の吸収・発光スペクトルと分子内振動との関連が議論できる。この原理は J.フランクが提唱し,E.コンドンが量子論の立場から基礎づけたものであるが,原子核の質量が電子の質量に比べて無限に大きいとしたときに厳密に成立し,一般には近似であり,この原理からのずれも観測されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android