コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルセグ フルセグ

4件 の用語解説(フルセグの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フル‐セグ

《full segmentから。また「フルセグメント放送」の略》地上デジタルテレビ放送のこと。1チャンネル分の放送波は、その帯域幅が13の領域(セグメント)に分割され、移動体機器向けに一つのセグメントがワンセグ放送に割り当てられている。このワンセグ放送に対し、地上デジタルテレビ放送として残り12セグメントすべてを使って高画質放送を行うことからいう。フルセグ放送。「フルセグ対応チューナー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

フルセグ

通常の地上デジタル放送ワンセグと対比する場合の呼び名です。1チャンネル分の電波帯は13分割されており、うちひとつをワンセグが利用し、残り12を通常の放送が利用するため、この名が付きました。
⇨ワンセグ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

フルセグ

地上デジタル放送のひとつのチャンネルの放送波は13のセグメントに分割されているが、そのうちの12セグメントを用いた、家庭などに設置される固定テレビ向けの高解像度放送。◇13のセグメントのうちの1セグメントだけを用いる携帯電話などの移動体向け放送を「ワンセグ」というが、12セグメントを用いた高解像度放送とワンセグの両方とも受信できる、という意で用いられることもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルセグ
ふるせぐ

フルセグメント放送(full segment broadcasting)の略。ハイビジョン放送の高画質画像をそのまま再生できる意味として「ワンセグ」に対比して日本でのみ使われる慣用表現であり、正式な規格名ではない。
 フルセグの解像度は1920×1080画素であり、ワンセグに比べて単純計算で27倍となる。スマートフォンやタブレット型端末、カーナビゲーションなどの機能に「フルセグ」とあれば、家庭のハイビジョンテレビと同等の高画質映像が、それぞれの端末の画面で視聴できる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルセグの関連キーワード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルセグの関連情報