コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロンティヌス Sextus Julius Frontinus

2件 の用語解説(フロンティヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フロンティヌス【Sextus Julius Frontinus】

30ころ‐104
ローマの政治家,著作家。法務官(プラエトルウルバヌス),コンスルブリタニア州総督,ローマ市水道管理官などを歴任。職務に関する技術的手引書を多く著した。2巻の土地測量法に関するものは引用のみ残存し,《軍事技術書》は失われた。指揮官のための《戦術書》は4巻残存するが,第4巻は彼のものでないとされている。《ローマの水道について》では水の供給,水量の調節,管理に関する多様な資料を用いている。【弓削 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロンティヌス
ふろんてぃぬす
Sextus Julius Frontinus
(30ころ―104ころ)

ローマの政治家、著作家。コンスル(執政官)やブリタニア州総督などを歴任したが、軍事技術書や測量、水道設備などに関する専門的技術書を著した。このうちギリシア、ローマの兵法を解説した『戦術論』Strategemata(四巻)、およびローマ市水道管理官在職中から書き始められたローマ市の水道とその歴史に関する『ローマの水道について』De aquis urbis Romae(二巻)が現存している。[島 創平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フロンティヌスの関連キーワードグラックスパクスローマーナプリニウス羅馬ローマの泉ローマの松古代ローマの航跡をたどれローマの噴水ローマの祭りローマの格言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone