フロンティヌス(英語表記)Sextus Julius Frontinus

世界大百科事典 第2版の解説

フロンティヌス【Sextus Julius Frontinus】

30ころ‐104
ローマの政治家,著作家。法務官(プラエトル・ウルバヌス),コンスル,ブリタニア州総督,ローマ市水道管理官などを歴任。職務に関する技術的手引書を多く著した。2巻の土地測量法に関するものは引用のみ残存し,《軍事技術書》は失われた。指揮官のための《戦術書》は4巻残存するが,第4巻は彼のものでないとされている。《ローマの水道について》では水の供給,水量の調節,管理に関する多様な資料を用いている。【弓削 達】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フロンティヌス
ふろんてぃぬす
Sextus Julius Frontinus
(30ころ―104ころ)

ローマの政治家、著作家。コンスル(執政官)やブリタニア州総督などを歴任したが、軍事技術書や測量、水道設備などに関する専門的技術書を著した。このうちギリシア、ローマの兵法を解説した『戦術論』Strategemata(四巻)、およびローマ市水道管理官在職中から書き始められたローマ市の水道とその歴史に関する『ローマの水道について』De aquis urbis Romae(二巻)が現存している。[島 創平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android