コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーチエン(福建)省 フーチエンFujian

翻訳|Fujian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーチエン(福建)〔省〕
フーチエン
Fujian

略称はミン (閩) 。中国,華東地方南部,タイワン (台湾) 海峡にのぞむ1級行政区。6特別市と3地区に分れ,8市,56県から成る。行政中心地はフーチョウ (福州) 特別市。宋で福建路がおかれたのが省名の由来で,明代に現在の省域となった。トンナン (東南) 丘陵の東部にある。標高 1000~1500mの北東から南西方向に並行する山脈と,ゆるやかな丘陵から成る。平地は山間の盆地,谷底,海岸の小三角州で,省域の 10%にすぎない。海岸はリアス式で,沿岸に 1000以上の小島がある。ミン江は省の2分の1を流域とし,下流にフーチョウ市が立地。チャンチョウ (漳州) 市とシヤメン (厦門) 市 (アモイ) はチウロン (九竜) 江の下流に,チュワンチョウ (泉州) 市はチン (晋) 江の下流に発達。1月の平均気温は5~13℃,7月は 27~29℃。年降水量は沿岸で 1200mm,山間の南東斜面では 2000mmをこえる。食糧作物は水稲を主とし,サツマイモ,コムギが次ぐ。工芸作物はサトウキビ,タバコ,アブラナ,ナンキンマメが主。茶の主産地の一つで,ウーイーイエン (武夷岩) 茶,ティエコワンイン (鉄観音) 茶などの銘茶やジャスミン茶を産する。果樹ではリュウガン,柑橘類,レイシ,パイナップルの栽培が多い。山地にはマツ類,スギ類,クスノキ,モウソウチクなどが生育し,用材を産するほか,たけのこ,キノコ類,松やに,薬草類の産出が多い。人民共和国成立後,2000以上の小型発電所が建設され,農村工業の発展や灌漑・排水施設の電化に役立っている。沿岸は好漁場で,天日製塩,ノリの養殖も盛ん。地下資源は石炭,鉄,モリブデン,マンガン,石墨,ボーキサイト,みょうばんなどがある。工業は製鉄,アルミニウム精錬,化学,紡織,製紙,製糖,製茶,木材加工などが比較的発達。内陸のサンミン (三明) 市は中型鉄鋼コンビナートを中心とする新興工業都市。インシヤ (鷹厦) 鉄道とワイフー (外福) 鉄道が通じ,水運も重要である。住民は漢族がほとんどで,ほかにシェー族,ホイ族など約 30の少数民族から成る。面積 12万 3100km2。人口 3004万 8224 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フーチエン(福建)省の関連キーワードシエンシヤリン(仙霞嶺)山脈チュワンチョウ(泉州)特別市タイユンシャン(戴雲山)山脈ウーイーシャン(武夷山)山脈チャンチョウ(漳州)特別市チュイチョウ(衢州)特別市メイチョウ(梅州)特別市フーチョウ(福州)特別市クーティエン(古田)ダムサンミン(三明)特別市シヤメン(厦門)特別市サントーアオ(三都澳)タイシャン(台山)列島インタン(鷹潭)特別市シャンリン(杉嶺)山脈クーティエン(古田)県ロンイエン(竜岩)地区チャンティン(長汀)県トンシャン(東山)島ニントー(寧徳)地区

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android